[WordPress]MW WP Formでリダイレクトがおかしいとき

よくハマる系のトラブル。「MW WP Form」を使用していてエラーや確認などの画面のURL指定をしている時にリダイレクトループしたりエラー画面に入力内容が引き継がれなかったりいろいろ起こって 今日も詰まってました

結論

「パーマリンク設定とMW WP Formの両方を確認して合わせる必要がある」ということでした。

ちくしょう!!!!!

結論までの経緯

検索すると「スラッシュが末尾に付いてるかついてないかで別URLと判別される」という情報にたどり着き

MW WP Form 完了画面への識別子挿入でリダイレクトループ

ありがとうございます。

メールフォームの設定画面だけ見てたら納得の行く動作にならなくてしばらくわからなかったんですが、パーマリンク設定で末尾にスラッシュをつけていたらMW WP Formの画面でもつけないと同一にならないということでした。
当たり前っちゃ当たり前なんだけど見つけられなかった……
備忘録備忘録

[jQuery][PHP]RSSを取得するスクリプトについて覚書

下記のブログを参考に(2015年の記事だけど使えました)BloggerのRSSを持ってくる作業をした時のことを覚書

【jQuery + PHP】クロスドメイン対応版:Google Feed API の代替案を紹介します。(オンズ開発ブログ)

Javascriptの方の処理で最終的にデータを成形して指定要素にアウトプットする処理があるんですが(下記)

※Gutenbergがシングルクォーテーションを受け付けてくれないので別の記号になっています
for (i in data) {			
  output.find(’ul’).append(’<li><a href="’ + data[i].link.text + ’">’ + data[i].title.text + ’</a>’ + data[i].description.text + ’</li>’);
  // console.log (data[i]);
}

そのままだとdata内にRSSで配信されている分全部入ってしまって多かったので5件に絞るためfor文の条件を変更。

for ( i = 0; i < 5; i++ ) { 

    var date = new Date(data[i].pubDate.text);
    var strdate = date.getFullYear() + ’/’ + (date.getMonth() + 1) + ’/’ + ("0"+date.getDate()).slice(-2);

    output.find(’ul’).append(’<li class="p-posts--general__item"><a href="’ + data[i].link.text + ’"><span class="p-posts--general__item__date">’ + strdate + ’</span><span class="p-posts--general__item__title">’ + data[i].title.text + ’</span></a>’ + ’</li>’);

  //console.log (data[i]);
}

ただこのままだと記事が2件しか無い時に3回目の処理から「data[i]がundefinedで‘pubDate’が読めない」というエラーが出たので、条件を付加

for ( i = 0; i < 5; i++ ) { 

  if( typeof data[i] !== ’undefined’ ){
    var date = new Date(data[i].pubDate.text);
    var strdate = date.getFullYear() + ’/’ + (date.getMonth() + 1) + ’/’ + ("0"+date.getDate()).slice(-2);

    output.find(’ul’).append(’<li class="p-posts--general__item"><a href="’ + data[i].link.text + ’"><span class="p-posts--general__item__date">’ + strdate + ’</span><span class="p-posts--general__item__title">’ + data[i].title.text + ’</span></a>’ + ’</li>’);
  } else {
  }

  //console.log (data[i]);
}

typeofとか普段使わない程度の処理しかしないので詰まってしまった、、、
ていうかGutenbergシングルクォーテーション打てなかったらコードメモれないじゃん、、、なんなの、、

[WordPress]Event Organiserのイベント終了日取得について

イベントカレンダーをつけるサイトのカレンダーをEvent Organiserでまかなっていて、開始日と終了日をどっちも取ってこようと思ったら終了日だけめっちゃわかりにくかったので備忘録です。

どういうことだったか

開始日が eo_get_schedule_start() で取得できるのだが
eo_get_schedule_last() では開始日と同じ数値しか取れない……
eo_get_event_schedule() の中身を覗いてみたら配列で、「schedule_finish」とか何個か終了日が入っている場所があるのだが関数が不明。なんで??

で 公式のリファレンスサイト内を「finish」で検索したら
eo_get_the_end() 関数にたどり着いた。これを出力してみると終了日の日付が取れたので、どうもこっちみたい……ややこしくない???

[映画の感想]デジモンアドベンチャー tri.

条件反射で喜んじゃう人は見ても大丈夫だけどよっぽど暇じゃなかったら観なくていい

今更なんですがNetflixで全部観れたので一気見しました。(1章だけ出てすぐ観た)

賛否が分かれてるところがあるみたいで、見てみると確かに作画も演出も結構ひどいので、デジモンだったらなんでもOKな人は楽しめるんじゃないかと思いました。
※これもネタバレ含みの感想です

ちなみに3分でわかる動画が1〜6章まで全部公開されてるみたいでした。
1章だけ埋め込み。

[続きを読む]

[映画の感想][ネタバレ] GODZILLA 星を喰う者

『GODZILLA 星を喰う者』を観てきたので自分用にあらすじメモ振り返り
なのでネタバレしまくってます 嫌な人は閉じるんだ!

[続きを読む]

[Photoshop]CC2019の自由変形ツールが使いにくい問題

クソアプデ

PhotoshopがCC2019になって変形ツールの仕様が変更になったおかげで作業効率が落ちました。公式フォーラム見たら挙動の戻し方を書いてあったので引用

Photoshop CC2019(20.0)の「変形」仕様変更について

変形の仕様をCC2018以前のものへ戻されたい場合
以下の方法を実施し、変更されるかお試しください。
 
1.メモ帳やテキストエディットを開きます。
2.以下の文字列をコピー・ペーストします。
TransformProportionalScale 0
3.ファイル名を「PSUserConfig.txt」にして保存します。(一行のテキストのみのファイルで大丈夫です)
※Macのテキストエディターにて「.txt」で保存できない場合は、保存の前に画面上部メニューから「フォーマット>標準テキストにする」
 を実施してから「PSUserConfig.txt」の名称で保存ください。
4.以下の場所にある環境設定フォルダへ保存します。
Windows:
C:\ユーザー\<ユーザー名>\AppData\Roaming\Adobe\Adobe Photoshop CC 2019\Adobe Photoshop CC 2019 Settings 
この「Adobe Photoshop CC 2019 Settings」フォルダの中
macOS:
非表示のユーザーライブラリフォルダーにアクセスする方法(Mac OS X 10.7 以降) の方法で開いた
「ライブラリ」フォルダの中にある、「Preferences」の中にある「Adobe Photoshop CC 2019 Settings」フォルダの中
フォルダパス:MacintoshHD/Users/<ユーザー名>/ライブラリ/Preferences/Adobe Photoshop CC 2019 Settings/

https://forums.adobe.com/docs/DOC-9522

ですって!!!

[jQuery]Slick.jsで最初と最後だけ矢印を消す方法

めっちゃ簡単 灯台下暗し

結論から言うとどちらの矢印も標準で「.slick-disabled」がつくのでCSSでこのクラスを非表示にするだけです。
解析してみましょう。
はじめのスライドの表示時と最後のスライドの表示時にそれぞれつきます。

この間これやろうとして要素の数を数えた後にコールバック使ってaddClassしたりしてしまい無駄な労力を使った。
機能を探すときはまず標準から ですね……

[jQuery]BxSliderで画像をズームアウトさせながらスライドさせる

経緯

表題の動きをしようと思ったけど参考サイトのJS覗いたら処理が難しすぎてハァ?ってなったのでもっと簡単にできるだろ!!!と思って考えた結果。プラグインの機能の範囲で済ましてるし自分ではこっちのが良い。
※この記事はSlickでやろうとした結果挫折した記事の続きです。

要点

  • ズームアウトの動きは CSSのAnimation
  • movingクラスにズームアウトするアニメーションを呼び出し
  • BxSliderは普通に呼び出すだけ。難しいことしない。

CSS

スライド内のliに

0% → transform: scale(1.2)
100% → transform: scale(1)

という感じで最初が大きくもとに戻っていくCSSアニメーションを適用する。

親要素のoverflowはhiddenで。後は普通にスライドしたらOK。多分動く。