[参加レポ] WDF vol.30

概要

WDF vol.30「デザイナーに求められる価値をうみだし伝える力」に参加してきたので簡単ですがレポ。
印象に残ったことの箇条書きと雑感。

個人的な課題など

amp対応さっさと勉強せなならん

未来の未来のWebと必要な技術をWebのトレンドニュースから考察

KDDIウェブコミュニケーションズ 阿部さんのセッション

スマートスピーカーの普及率が今後上がってくる!ということで翌日すぐGoogle Home買いました。

  • 7月からChromeでは非httpsだと警告が出るので、いよいよ「サイトを作れば証明書のコストが必要なものとしてかかる」ということをクライアントへ説明した方がベター
  • 仕事用のネット利用はPCが微増傾向 BtoBだったらPC強い
  • スマートスピーカー今からくるぞ!
    REST APIを用いる
    →マシンリーダブルにする必要性が増してくる。構造化をきちんと。(めっちゃ大変じゃねこれ)
  • AIとビッグデータで便利に!というビジネスが今後アツいのでは
  • モバイルファーストインデックス始まってた(Googleはスマホサイトを優先して回遊するぞ)
  • ページ速度はweb担当者Forumの解析ツールが便利
    https://webtan.impress.co.jp/e/2013/01/29/14562
  • ページが遅い!原因別解析 Chrome解析ツールで可能
    1. ドメインの初回読み込み速度が遅い場合は サーバー
    2. ファイルの読み込みが遅い場合は プロトコル
    3. 要らない重いファイルは削除!本当に必要かな?
  • フロントの軽量化は手間の割に効果が薄い。こだわるならやれば良い程度
  • サーバー選びで重要なこと
    SSLはもちろんだが 個人的に把握してなかったのは
    プロトコル HTTP/2 かどうかというポイント

自分を観察してデザインする、学びの習慣

The Marsknowledge 株式会社 イシジマさんのセッション

自己肯定力が重要、ハードルは低く。
習慣は自分の普段の行動の中にうまいこと仕込んで、ちょっとでもできたらOKって気が楽で良いと思いました。
やる気ないときでもできるようにしておく。

  • ルール作りは、相手が普通に振る舞っただけで守られるようなものを
    相手の行動様式を観察し、そこに差し込む!
    (いつも行く場所の中にメモを置くようなこと)
  • 自分が学べる行動様式を作ってしまえ
    1. ブラウザの新規タブ画面を変える
      Panda 5
      Muzli 2
    2. TLが有用なものになるようにすごい人フォローしとけ
    3. YouTubeでダラダラ学習
  • 行動様式の設計3つのポイント
    自分しか勝てない場所をわかっておくこと!
    3が2に繋がっています

    1. 努力前提の設計をしない
    2. やらない事を決める
    3. 自分の特性を知る

    何故今こんな気分なのかをちゃんと見るように!特に何故ヘコんだのかということは振り返っておこう

  • 自分の強みを伸ばすサイクルを当たり前に
  • 小さな成功をいっぱいしような!
  • 無理に勉強するのは違うんだぞ

クライアントと同じ方向を向くためのコミュニケーション術

よつばデザイン 後藤さんのセッション

個人的にこの日一番のパワーワード「私も神様」が出た
(「お客様は神様」と言うが、対等なので私も神様だ という流れ)

思いやりを持って接すること、ニーズを把握すること。
相手に自分がしてあげられることをちゃんと伝える。

  • 捉え方を、肯定して捉える
    いい言葉に置き換えて捉える。せっかちは対応が早いみたいなこと。性質による利点のようなこと。
  • 100%は分かり合えないぞ
  • 最初が肝心
    Webサイトとは、特性、などなど説明しましょう
    初期段階できっちり資料作ると信用が得られるぞ
  • 相手によってコミュニケーション方法を変える
  • プライベートな話を盛り込むと距離が縮まりやすい
  • 大前提の共有
    準備が大事だよ
    知識共有・全体の流れの把握(例えば閲覧環境のこととか)
  • 細かいことを先に言っても伝わらない!知識がないから
    難しい言葉も使わない。
  • こういう質問はよく出ます、みたいなことをちゃんと言っておこうね
  • 見積もりは細かく!(家を建てるとして一式で出されても困るのと同じだよ)
    一式で出すとディスカウントが険しくなっちゃうぞ
  • メリットデメリット自分の見解を伝えよう
  • 図にできることは図解しよう(簡単で良いよ)
  • 長い説明を動画で(サイト内容の説明、WPの使い方など)
  • ターゲットの説明などには総務省に資料が公開されているぞ
  • どこまでできるかははっきり言っておこう(修正回数など)
  • 決定権を持つ人は打ち合わせに参加させよう
  • 原稿が遅かったらどんなペナルティがあるのか強めに言っておこうな
  • 対等ということを忘れない!私も神様!
  • 自分たちとお客さんの価値が一致しないことはままある
  • コマーシャルフォトとインスタは、作品とコミュニケーションという違い
  • それいいね、という感覚コミュニケーション
  • 3秒繋ぎ 飽きない動画ができる
  • ザイオン効果(何回も見てたら親しみを持ってくる効果) いいぞ

Q&A

  • 他の人のデザインが良く見えて凹む時は?
    いったん離れても良い、自己肯定する 「やらない時」も作る
    最終的には勝つつもりで課題抽出し、改善する
  • 決定権がある人が複数いたら?
    選択肢を与え、決めさせる。割れたら他のスタッフにも聞いて決めさせる。
    決めないと進まないしこれ以上伸ばしたら金かかるぞ!って言う
    難しいなあ基本的には
  • 老後にやりたいことと今がリンクしていないと全て無駄になるぞ!

NLPの講座を受けてきたレポ

コミュ症のわたしはNLPがコミュニケーションに役立つんじゃないか?と思って、セミナーがあったので参加してきました。個人用メモ。
本も適当に買って読みましたがこれは何か体験したほうが理解が早そうだなと思ったので行ってきました。この先生の授業。話し方や空気の作り方が上手で大変聴きやすい、参加しやすいセミナーでした。さすが。
http://kinkanlp.com/

NLP?

神経言語プログラミングといって、超ざっくり言うと
心理学や脳科学に基づいて自分や相手の行動・心理に働きかけていい感じにしようみたいなやつです。脳みその考え方の癖を踏まえていらない思い込みを矯正したりとかする時に使うみたいです。本とか結構出てます。
自己暗示とかあって怪しい感じもするんですが結局脳みそは思い込みの塊なので自己暗示である程度なんとかできちゃうっていうのも正しいかも。「病は気から」みたいな感じですね

気づいた点

思い込みが障害となることが多い。「本当にそうか?」「なぜそう思うか?」という疑いを持つ。ただの思いこみかもしれない。
blog-20160221

自分は視覚優位タイプの人間かと思っていたが
それ以上に聴覚優位タイプの人間だったこと。
→相手の状態を声の調子から察することがやりやすそうなので意識する。

優位感覚とは視覚・聴覚・身体感覚の3種類に大別されており、状況によって優位なものは違いますが外と接するときに普段一番使っている感覚が優位な感覚という感じです。
ざっくり言って
目で見たように形容することが多い人は視覚優位
擬音が多かったり音系の形容が多い人は聴覚優位
触った感じなどの表現が多い人は身体感覚優位です。
20160221b
話し言葉や仕草、目線の動きに注目するとわかるみたいです。それぞれのタイプに合わせた対応をしたほうが仲良くなりやすい、わかってもらいやすい。

実践しようと思った点

・常に相手をよく見ること(これが一番怖いからいい塩梅を覚える)
・シャドーイングの練習
→テレビを見ながらアナウンサーのしゃべりを追いかけると練習になるらしい
・相手との表情合わせ、呼吸合わせ(息継ぎのタイミングを合わせるとやりやすい)
・優位感覚の読み取り
・上を向いて空を見たりすると脳の他の部分が休まるらしい!休憩の時にやってみる。

以上!おわり。
こういう勉強してると根性の悪いセールスとか今何しようとしてるかわかるようになるから引っかからなくなるらしいです 笑
本はこれ読みました。イラストが多くて、各話題ごとに簡潔なまとめがついてるので読みやすかったです。

今日から使えるNLP

新品価格
¥1,404から
(2016/2/21 22:32時点)

WDF vol.20に参加しました

WDFって?

金沢市で3ヶ月に一度行われるwebクリエイターのための勉強会です。
毎回異なったテーマのお話を聞くことができてとてもためになるセミナーです。
レポートというか、お話を聞かせていただいて自分が噛み砕いたうえで
ポイントだなー大事にしようと思った部分の備忘録です。ものすごい箇条書き。

WDF webサイト

今回のテーマ・内容

「祝20回!これからのWebデザインを考える〜人の心を動かすコミュニケーション〜」

blog-20151219

登壇者の皆さん(秋葉さん・源さん・中川さん)

秋葉ちひろさん 「コミュ力アップのためにデザイナーの自分がやるべきこと」

見た目を作る人、ということではなくクライアントやエンジニアといったプロジェクトチーム全体と円滑に物事を進めていくには何を心がけるべきか、というようなお話。
秋葉さんのお話が、デザイナーという立場が近いからか自分にはリアルに入ってきました。

  • クライアントとはフラットな関係を築き、媚びない。(言われたとおりに作るだけとかしない)
  • クライアント・エンジニアとみんなで作り上げる。
  • 丁寧に、思いやりをもって仕事をする。(画面が変化する場合はちゃんとそのイメージまで作る、ダミーテキスト適当に流しこんだりしない)
  • おせっかいをしていく(こうしたほうが使いやすいのではという提案など)
  • 使う人にとってどんな良いことがあるか?
  • 打ち合わせ時はその場で手を動かして、持ち帰らず素早く合意形成

源 賢司さん「structuralistic UX 〜構造から見えてくる価値〜」

structuralisticとは構造主義のことです。
意思決定は本当に自由にしたものではなくて立場上の問題だったり義務感などの要因によって引き起こされるとか
ハマチはフクラギとガンドという単位があってはじめてハマチたりえるとか
主体+周囲の条件でいろいろと分類や結果が生まれるというような話ですがうまいことまとめられない。
>構造主義(Wikipedia)

  • ユーザーと、その周囲の条件はどうなっているか?その結果どういった判断が生まれてくるかを考える。
  • ブリ
  • ペルソナのステークホルダーマップを作る(ペルソナの周りにどのような人間がいるか、その影響までの想定)
  • 複数のペルソナを想定しどういうことが起こるか考える
  • ブリ
  • わからない文化には入っていって観察する

中川 直樹さん「デジタルとデザインの未来」

第4次の産業革命が近々おきる!AIの進化やデバイスの進化についてなど。
未来を考えるてしんどくなるよりその時自分は何ができるかを真摯に考えて行ったほうが健康的だと感じました。難しいけれど心がけようと思います。

  • 自分の能力を持って社会をより良く変えてやろうという使命感を持つ
  • プライドをちゃんと持つ
  • ワクワクさせれば人間の行動は変えられる

まとめ

総じて人対人の思いやりを持った関係づくりとか、根本的なことをしっかりやっていくことが大事だと感じました。
垣根のない応用力、自分はここまでだからと縛らない、「なんでもできるんだ」と思う。